2011年7月に、現行のアナログテレビ放送は終了する。
そして、地デジに移行する。
地デジとは、地上デジタルテレビジョン放送のことである。
いま、さかんにテレビで地デジに変わると言われているが、
まだ、実際に分かっていない人も多くいると思う。

はっきりいって、2011年7月には地デジに移行することにより
テレビ放送をみられなくなるという事実である。

これによって「地デジ難民」が発生する可能性は大である。
新しい地デジ対応のテレビに買い換えればいいが、経済的な
問題もあり、またせっかく今使っているTVを捨てて
新しいTV 買うのにも抵抗がある。

やはりもったいないと思う。

どこも悪くないTVを捨てるのは。

地デジをみる方法は下記の3通りである。
 1.地デジに対応した新しいTVを購入する。
 2.チューナーや録画機を買う。
 3.地デジの再送信に対応したCATVと契約する。

今回2番のチューナーを購入し、地デジを見るための方法と
操作方法を紹介します。
購入したのは、マスプロ電工製DT330です。

各メーカから出ていますが、一例として参考にしてください。
今後10000円以下で発売されるかもしれませんが。

まだ使えるTVを買い換えるのではなく活用されることを
希望します。
また、最近は各家庭にTVが2〜3台あるところもあると
思いますので、それように使用可能と思います。

やはり地球環境にやさしく、もったいない精神で

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。